小松菜となめこのおひたし【2018.6.6更新】

■材料(2人分)

・小松菜・・・・1/2束

・なめこ・・・・1/2カップ

・だし汁・・・・100cc

・しょうゆ・・・大さじ1/2

・みりん・・・・少々

・塩・・・・・・少々

 

■作り方

1:小松菜を茹でて水にとって絞り、食べやすい長さに切って器に盛っておく。なめこは下茹でをしておく。

2:鍋にだし汁を入れて火にかけ、しょうゆ、みりん、塩を加える。鍋になめこをいれてさっと煮たら、火を止めて冷ましておく。

3:小松菜に2をかける。

 

 

【スタッフよりひとこと】

冷蔵庫で冷やすと、より美味しくなるのでオススメです。

 

小松菜となめこのおひたしに使用したおだしはコチラ

⇓⇓⇓⇓⇓

■大友のだし

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/144.html

 

 

 

きのことベーコンとペペロンチーノ【2018.4.12更新】

■材料(2人分)

・スパゲッティー・・・・・180g

・にんにく・・・・・・・・2片

・赤唐辛子・・・・・・・・2本

・ベーコン・・・・・・・・2枚

・しめじ・・・・・・・・・100g

・ほうれん草・・・・・・・50g

・まるごとやさいだし・・・小さじ2

・オリーブオイル・・・・・大さじ2

・塩・・・・・・・・・・・少々

・刻みパセリ・・・・・・・適量

 

■作り方

1:にんにくは薄切り、赤唐辛子は種を除いて輪切りにする。

2:ベーコン、しめじ、ほうれん草は食べやすい大きさに切っておく。

3:スパゲッティーを表示より1分短めに茹でる。

4:フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱火でゆっくり香り立ってきたら具材を加えてしんなりするまで炒める。

5:赤唐辛子スパゲッティー、野菜だしを加え、塩で味を調える。

6:器に盛り、パセリを散らしたらできあがり。

 

レシピに使用した「まるごと野菜だし」はコチラ↓↓↓↓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/194.html

 

野菜あんかけ丼【2018.3.7更新】

【材料(2人分)】

ねぎ・・・・・・・10cm

にんじん・・・・・5cm

白菜・・・・・・・2~3枚

豚スライス肉・・・100g

しいたけ・・・・・2枚

しょうが・・・・・少々

だし汁・・・・・・400cc

油・・・・・・・・大さじ2

みりん・・・・・・大さじ1

しょうゆ・・・・・大さじ2

片栗粉・・・・・・大さじ2

ごはん・・・・・・2膳分

 

【作り方】

1:しょうがはせん切りに、豚肉と野菜はそれぞれ食べやすい大きさに切る。

2:油としょうがのせん切りを入れたフライパンを火にかけ、しょうがの香りが出るまで軽く炒めたら、豚肉、野菜の順に炒める。それぞれに火が通ったらだしを注いで煮て、みりん、しょうゆで味を調える。

3:同量の水で溶いた片栗粉でとろみをつけ、ご飯にかけて出来上がり。

 

 

レシピに使用したおだしは

「あご入り純和風だし」がオススメ↓↓↓↓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/148.html

味噌煮込みうどん【2018/2/14更新】

大友の「だし入り味噌」を使った

味噌煮込みうどんのレシピをご紹介します。

 

【材料(2人分)】

うどん(ゆで)・・・・2玉

鶏肉・・・・・・・・・100g

しいたけ・・・・・・・2個

かまぼこ・・・・・・・適量

卵・・・・・・・・・・2個

ねぎ・・・・・・・・・1本

 

(A)

だし入り味噌・・・・大さじ8

水・・・・・・・・・800㏄

酒・・・・・・・・・大さじ4

 

【作り方】

1:鶏肉は食べやすい大きさに切る。しいたけ・ねぎも食べやすい大きさに切っておく。

 

2:土鍋にAを入れて混ぜてから、火にかけ鶏肉を入れて煮る。しばらく煮たら、うどんとしいたけ・ねぎを加える。

 

3:すべてに火が通ったら卵を静かに割り落とし、かまぼこを加えてお好きな硬さに火を入れたら出来上がり。

 

 

レシピに使用した大友の「だし入り味噌」はコチラ⇓⇓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/441.html

 

だし入り味噌は、お湯で薄めれば赤だしにもなる便利なお味噌です。

 

コンソメ・ブイヨンの違いとは?【番外編】

普段から何気なく使っている、ブイヨンやコンソメ・・・

 

「どのような違いがあるの?」

とよくご質問をいただきますので、今回は違いをご紹介したいと思います。

 

まず、「ブイヨン」から

ブイヨンは、フランス語で【だし汁】のこと。

 

肉や魚・野菜・香辛料などを数時間煮込み旨味を最大限に引き出したもの。主にスープや料理などのベースとして用いられます。

 

あくまで料理のベースとして使用されるので、そのまま飲むものではありません。

 

 

そして、「コンソメ」は

フランス語で【完成された】という意味。

 

どのようなものかと言うと・・・

ブイヨンをベースに、野菜やお肉を加えて食材の旨味を引きだし、スープとして丁寧に調理したもの。

カレー、シチュー、ポトフやミネストローネがコンソメを使用した料理になります。

 

 

当店の「まるごと野菜だし」は、

どっちになるかといいますと・・・・

 

「まるごと野菜だし」は

お料理のベース(おだし)としてはもちろん、

お湯に溶かすだけで優しい味わいのスープとしてもお召し上がりいただけるので

 

鶏ガラや肉を使用していない

化学調味料・保存料無添加の野菜コンソメ

になります。

 

 

どのような食材が「ブイヨン(だし)」として

用いられているか想像しながら

スープなど召し上がると、

具材としては使用されていない素材の味が発見できるかもしれませんね。

 

 

 

 

豚肉と里芋のごまみそ煮【2018.1.25更新】

 

【材料(2人分)】

里芋・・・・・5個

豚肉・・・・・150g

だし汁・・・・300㏄

味噌・・・・・40g

すりごま・・・大さじ2

酒・・・・・・大さじ2

砂糖・・・・・大さじ1/2

【作り方】

1:里芋は皮をむいて一口大に切り、塩を振ってよく揉みぬめりが出たら水洗いする。豚肉は食べやすい大きさに切る。

2:鍋で豚肉を炒め、そこへ里芋を加えてだし汁を注ぎ入れて5分ほど煮る。

3:味噌と砂糖・酒を混ぜ合わせて鍋に加えて落しぶたをしてさらに途中鍋をゆすりながら約10分煮る。最後にすりごまを加えてまんべんなく混ぜたら出来上がり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

レシピに使用した、だし汁は

「あご入り純和風だし」がオススメ!↓↓↓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/148.html

 

豚肉の旨味を引き出し、ご飯がすすむ一品になっています。

ミートソース【2017.11.24更新】

今回は、パスタはもちろん

トースト、茹でたジャガイモにかけても美味しい

ミートソースをご紹介します。

 

【材料(2人分)】

ひき肉・・・・・・100g

玉ねぎ・・・・・・1/2玉

セロリ・・・・・・5㎝程度

人参・・・・・・・1/2本

なす・・・・・・・1/2本

サラダ油・・・・・大さじ1

トマト缶(カット)・・・1/2缶(200cc)

まるごと野菜だし・・・・大さじ1/2

ケチャップ・・・・・・・大さじ2

ウスターソース・・・・・大さじ1

 

 

【作り方】

(1)野菜を細かいみじん切りにし、フライパンでひき肉と一緒にしっかり炒める。

(2)肉の色が変わり、よく炒めたらトマト缶、野菜だし、ケチャップ、ソースを入れて、さらに炒めたら出来上がり。

 

レシピに使用した「まるごと野菜だし」はコチラ

↓↓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/194.html

 

小いかの煮物(2017.11.9更新)

 

【材料(2人前)】

小いか・・・・200g

 

(A)

鰹だし醤油・・・・20㏄

だし汁・・・・・・20㏄

酒・・・・・・・・大さじ1

みりん・・・・・・大さじ1

 

千切りしょうが・・・適量

 

【作り方】

(1)Aの調味料を合わせる。

(2)小いかに、Aと千切りにしたしょうがを加えて煮る。

 

レシピに使用した「鰹だし醤油」はコチラ

↓↓↓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/135.html

 

2017年11月20日までは、2本まとめてのご購入がお得です。

↓↓↓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/444.html

 

 

 

なごやめし紹介① 「きしめん」

愛知・名古屋には、なごやめしと呼ばれる郷土料理がたくさんあります。

その中の一つ、「きしめん」を紹介したいと思います。

きしめんは、名古屋にお越しになられたら

一度はお召し上がりいただきたい、おすすめの料理です。

 

 

「きしめん」は、麺を薄く平たく伸ばしたうどんの一種です。

つゆは、たまり醤油をベースに宗田カツオやムロアジでだしをとったものが一般的です。

そして、カツオだしの風味を損ねないように、油揚げ、かまぼこ、花かつおやネギなどが乗せられています。

 

また、うどんと同様に、冷たいきしめん(「きしころ」や「ころきしめん」と呼ばれています。)やぶっかけきしめん、エビ天をのせたエビ天きしめんなどのバリエーションやトッピングも多数あるのが特徴。

 

家庭でも手軽に食べられるように

カップ麺になって、一部のお店で販売もされているほど

名古屋では親しまれている食べ物です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

JR名古屋駅の各ホームに、きしめん屋さんがあります。

なので、JRを使われる方は

お店を探す手間なく

電車に乗る前に、パパッと食べれてしまいます。

(特に新幹線のホームにあるお店は、商品の提供時間が早いです。)

 

立ち食いでも大丈夫、あまり待ちたくはない方などは、

ホームにあるお店で召し上がってみてはいかがでしょうか??

 

 

 

甘味噌ダレ【2017.10.23更新】

今回は、「万能味噌」を使った、

甘味噌ダレをご紹介したいと思います。

この甘味噌ダレさえ作っておけば、何につけてもなごやめしに早変わりしますよ

【材料】

万能味噌・・・大さじ3

砂糖・・・・・大さじ2

みりん・・・・大さじ2

 

【作り方】

(1)みりんを耐熱の器に入れてラップをせずに、レンジ600Wで40~50秒加熱する。※器が熱いので取り出す時に注意してください。

 

(2)そこに万能味噌と砂糖を加えてよく混ぜる。

※多めに作るときは、小鍋で火を入れてください。甘さは砂糖の量でお好みに調節してください。

 

じゃがいもとほうれん草のキッシュ風【2017.10.13更新】

今日は、野菜だしを使って作る

じゃがいもとほうれん草のキッシュ風

をご紹介します!

話題のスキレットがあれば、簡単に作れちゃいます。

 

【材料(2人分)】

・じゃがいも・・・・2個

・ほうれん草・・・・2株

・ベーコン・・・・・2枚

・ピザ用チーズ・・・適量

(A)

・まるごと野菜だし・・・大さじ1/2

・卵・・・・・・・・・・1個

・生クリーム・・・・・・100ml

 

【作り方】

(1)じゃがいもは皮をむいて一口大に切り、ラップをしてレンジで約5分加熱して潰しておく。

(2)ほうれん草とベーコンを食べやすい大きさに切りフライパンで塩・こしょうで炒める。

(3)1と2を混ぜ合わせて耐熱皿に入れ、よく混ぜ合わせたAをそそいでチーズをのせ、トースターで約10分焼いたら出来上がり。

 

レシピに使用した“まるごと野菜だし”はコチラ

↓↓↓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/194.html

 

東海地方のソウルスイーツ「鬼まんじゅう」【2017.9.22更新】

今回は、おだしを使用したレシピではなく、

江戸時代から庶民のおなかを満たしてきた

東海地方のおやつ「鬼まんじゅう」を紹介します。

 

鬼まんじゅうは、さつまいもの角切りがゴツゴツと鬼の角のように飛び出た、小麦粉生地の蒸し菓子です。

 

【材料(4人分)】

さつまいも・・・200g

砂糖・・・・・・50g

小麦粉・・・・・60g

(水・・・・大さじ1~2程度)

 

【作り方】

(1)さつまいもは皮をむいて、1センチ角に切り、水に30分ほどさらしてアク抜きをする。

(2) (1)の水気をしっかりと切ったら、ボールに入れて砂糖を混ぜ合わせて30分ほど置く。

(3)水気が出てくるので、そのまま小麦粉をふるって加え、よく混ぜる。(ここで粉っぽさがなくならない時だけ水を大さじ1~2程度加える)

(4)クッキングシートに4等分した(3)をのせ、蒸し器で15分ほど加熱したら出来上がり。

肉豆腐【2017.9.8更新】

【材料(2人分)】

木綿豆腐・・・・・1丁

牛こま肉・・・・・200g

ネギ・・・・・・・適量

紅しょうが・・・・適量

 

(A)

だし汁・・・・・50cc

しょうゆ・・・・大さじ2

みりん・・・・・大さじ2

酒・・・・・・・大さじ2

砂糖・・・・・・大さじ1

 

【作り方】

(1)豆腐は水切りし、牛肉は食べやすい大きさに切る。

ネギは小口切りにしておく。

 

(2)鍋に(A)を入れて、食べやすい大きさに切った豆腐と牛肉を入れて火にかける。

 

(3)具材に火が通り、汁気が少なくなったら器に盛り、ネギと紅しょうがをあしらったら出来上がり。

 

一度冷ますという手を加えると、さらに味がしみ込み、

美味しさが増します。

 

レシピに使用した、だし汁には「鰹あごだし」がオススメ!

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/174.html

 

きのこと油揚げのにゅうめん【2017.8.23更新】

【材料(2人分)】

そうめん・・・・・・・100g

お好きなきのこ・・・・100gほど

白だし・・・・・・・・大さじ4

みりん・・・・・・・・大さじ2

水・・・・・・・・・・600cc

油揚げ・・・・・・・・1枚

ねぎ・・・・・・・・・適量

 

【作り方】

(1)そうめんは表示通りに茹でて水でしめておく。

きのこと油揚げは食べやすい大きさに、ねぎは小口切りにしておく。

 

(2)鍋に白だしと水、みりんを入れ煮たってきたら、きのこと油揚げを加えて火を通す。具材に火が通ったら茹でておいたそうめんを加えて温める。器に盛り、ねぎをあしらったら出来上がり。

 

冷たいものなどで疲れ気味の胃を癒し、

余ったそうめんを美味しく食べられる一品です。

 

レシピに使用した“白だし”はコチラ⇓⇓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/285.html

野菜たっぷりポテトサラダ【2017.8.9更新】

【材料(2人分)】

じゃがいも・・・・・2個

きゅうり・・・・・・1/2本

コーン缶・・・・・・大さじ2

にんじん・・・・・・1/4本

玉ねぎ・・・・・・・1/4個

 

*A*

マヨネーズ・・・・・大さじ3

まるごと野菜だし・・・小さじ1

塩、こしょう・・・・少々

 

【作り方】

(1)じゃがいもは皮を剥いて適当な大きさに切り、

いちょう切りにしたにんじんと一緒に柔らかくなるまで煮る。

(2)にんじん取り除き、熱いうちに潰しておく。

(3)きゅうりと玉ねぎは薄切りにして塩をふり、水気を絞る。

(4)じゃがいもにきゅうり、玉ねぎ、にんじんと*A*を加えて混ぜる。

 

ポテトサラダに野菜だしを加えるだけで、

いつものポテトサラダが一味違ったものになります。

 

レシピに使用した“まるごと野菜だし”はコチラ↓↓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/194.html

 

だしジュレ野菜サラダ【2017.7.19更新】

【材料(2人分)】

粉ゼラチン・・・2g(水大さじ1でふやかす)

レタス・きゅうり・みょうが・プチトマト・おくらなど

・・・適量

サラダ油・・・大さじ1

いりごま・・・少々

 

*A*

水・・・200㏄

まるごと野菜だし・・・小さじ1

薄口しょうゆ・・・大さじ2

みりん・・・大さじ2

 

【作り方】

①粉ゼラチンは水でふやかしておく。

鍋にAを入れて火にかけゼラチンを加えて溶かして火を止め、冷  めたら冷蔵庫で固める。

②野菜を食べやすい大きさに切って、油をからめて器に盛る。

③①をスプーンでくずしながら、②にかけ、ゴマをふって完成。

 

ドレッシングから、ジュレに変えるだけで

見た目も涼やかになり、食欲も増すので

暑いこの季節にはオススメの一品です。

 

レシピに使用した“まるごと野菜だし”はコチラ↓↓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/194.html

冷やしうどん【2017.7.11更新】

【材料(2人分)】

・冷凍うどん・・・・2玉

・温泉卵・・・・・・2個

・鰹だし醤油・・・・適量

・ネギ・・・・・・・適量

・刻みのり・・・・・適量

 

【作り方】

①冷凍うどんは茹でてから水でしめて冷やしておく。

②丼ぶりに①のうどんを入れ、刻んだネギ・のり・温泉卵をのせて、

鰹だし醤油をさっとかけたら出来上がり。

※鰹だし醤油は、1人分の目安として大さじ1程度です。

 

茹でて、鰹だし醤油と具材を合わせるだけの簡単な1品!

具材は紹介した温泉卵の他に、

食べるラー油や肉味噌なども合いますよ。

レシピに使用したオススメの“鰹だし醤油”はコチラ⇓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/135.html

夏野菜のピクルス【2017.6.22更新】

 

【材料(2人分)】

・きゅうり・・・・・・1/2本

・玉ねぎ・・・・・・・1/2玉

・トマト・・・・・・・1玉

・まるごと野菜だし・・小さじ1

・酢・・・・・・・・・1/2カップ(100㏄)

・砂糖・・・・・・・・大さじ1

・塩・・・・・・・・・小さじ1/4

 

【作り方】

①玉ねぎは薄切り、きゅうりとトマトは食べやすい大きさに切る。

②耐熱ボウルにすべての材料を入れてよくかき混ぜ、ラップをかけて1分加熱する。熱いうちによく混ぜ合わせて、粗熱をとって冷蔵庫で冷やす。

 

とても簡単に作れるので、

あまり火を使いたくない暑い時期にはもってこいの品です。

レシピに使用した“まるごと粉だし”はコチラ⇓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/194.html

夏野菜と油揚げのさっぱり煮【2017.6.9更新】

【材料(2人分)】

ナス・・・・・・・2本

ピーマン・・・・・2個

油揚げ・・・・・・2枚

生姜・・・・・・・1片

水・・・・・・・・300㏄

まるごと粉だし・・大さじ1

砂糖・・・・・・・大さじ1

みりん・・・・・・大さじ2

醤油・・・・・・・大さじ2

サラダ油・・・・・大さじ1

酢・・・・・・・・大さじ1

 

【作り方】

①ナスとピーマンは食べやすい大きさに切る。

生姜は千切りにしておく。

油揚げは油抜きをして、食べやすい大きさに切っておく。

②鍋にサラダ油を入れて、しっかり水気を切ったナスとピーマンを炒める。

そこへ生姜、水、まるごと粉だし、砂糖みりんを加えナスが柔らかくなるまで煮る。

③ナスが柔らかくなってきたら、醤油と油揚げを加えてなじませる。

④最後に火を止めて、酢を回しかけて全体になじませたら出来上がり。

 

冷めても美味しいので、暑い季節にオススメですよ。

レシピに使用した“まるごと粉だし”はコチラ⇓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/157.html

生ふりかけアレンジレシピ~胡麻錦~【2017.5.19更新】

生ふりかけは、いつもの料理に加えたり

ふりかけるだけで違った一品になります。

今回は、胡麻錦を使ったアレンジの一例をご紹介したいと思います。

胡麻錦は、そのまま振り掛けるよりも、

他の生ふりかけシリーズと一緒に使うとより美味しくなります。

 

まずは、お浸しに

胡麻錦と勝男節をかけるだけ。

茹でた葉物野菜と相性は抜群です!

 

次は、胡麻錦と宝生姜を使ったメニュー

豆腐に、胡麻錦と宝生姜をかけるだけ。

勝男節でも美味しいですが、宝生姜にすることによって

生姜がアクセントとなり、より美味しくなります。

さらに、胡麻錦と宝生姜のコンビは

いなり寿司でも美味しくいただけます。

作り方は簡単!

酢飯にお好みの量の胡麻錦と宝生姜を混ぜて

おあげに詰めるだけです。

 

ご飯にかけるのに飽きてしまった、、、

ふりかけが余ってしまっている、、、など、

お困りの際はコチラのアレンジをお試しくださいね。

 

アレンジに使用した胡麻錦はコチラ⇓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/356.html

宝生姜はコチラ⇓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/357.html

勝男節はコチラ⇓

http://ohtomo-s.co.jp/SHOP/354.html