なごやめし紹介① 「きしめん」

愛知・名古屋には、なごやめしと呼ばれる郷土料理がたくさんあります。

その中の一つ、「きしめん」を紹介したいと思います。

きしめんは、名古屋にお越しになられたら

一度はお召し上がりいただきたい、おすすめの料理です。

 

 

「きしめん」は、麺を薄く平たく伸ばしたうどんの一種です。

つゆは、たまり醤油をベースに宗田カツオやムロアジでだしをとったものが一般的です。

そして、カツオだしの風味を損ねないように、油揚げ、かまぼこ、花かつおやネギなどが乗せられています。

 

また、うどんと同様に、冷たいきしめん(「きしころ」や「ころきしめん」と呼ばれています。)やぶっかけきしめん、エビ天をのせたエビ天きしめんなどのバリエーションやトッピングも多数あるのが特徴。

 

家庭でも手軽に食べられるように

カップ麺になって、一部のお店で販売もされているほど

名古屋では親しまれている食べ物です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

JR名古屋駅の各ホームに、きしめん屋さんがあります。

なので、JRを使われる方は

お店を探す手間なく

電車に乗る前に、パパッと食べれてしまいます。

(特に新幹線のホームにあるお店は、商品の提供時間が早いです。)

 

立ち食いでも大丈夫、あまり待ちたくはない方などは、

ホームにあるお店で召し上がってみてはいかがでしょうか??