日経MJ新聞に紹介された白だしたまり

こんにちは。名古屋長者町からキッチン大友の加藤です。本日(9/9)付けの日経MJ新聞にキッチン大友の白だしたまりが紹介されました。

そんな白だしたまりの誕生は、小さな不満から生まれました、、、

従来白だしは白醤油か薄口醤油にだしを加えたもの、濃口醤油に比べ色が淡いので料理の際、素材の色が綺麗にでるのが特徴。香りは良い反面、うま味が弱くて塩味が強く、食品添加物が含まれているものも多いと多くの方から不満をお聞きしていました。

そこで私たちは従来品の不満を改善した白だしの商品化に挑戦しました。色々調べた結果、うま味が強く塩味を抑えた色の淡い醤油「琥珀色たまり」を使用することにしました。琥珀色たまりは20種類以上の天然のアミノ酸が含まれ深みのあるまろやかな味わいが特徴。生産量が醤油全体の2%程度と希少なたまり醤油の中でさらに生産量の少ない幻の逸品です。

琥珀色たまりに加えるだしは国産のしいたけ、昆布、煮干しを2時間以上漬け込み鰹節を加えて炊き出し、1番だしと2番だしを合わせ深みを出した良品。手間ひまをかけることで上品でありながら琥珀色たまりに負けないだしに仕上げてあります。そして、琥珀色たまりと手間ひまかけただしを合わせてできたのが新発売の「白だしたまり」です。

今回、新発売を記念して通常価格896円を777円にてご提供いたします。

↓下記をクリック

■白だしたまり360ml

しかしながら、白だしって何に使ったらいいのだろう?と疑問に思っているあなたへ、、、今回、白だしたまりを美味しく楽しく活用できる13品目のレシピ&10品目の活用法のレシピ集を同梱いたしますのでご安心ください。

最後に、白だしたまりの想いを記事にしていただき記者様、関係者様に感謝しております。より多くの方に伝われば幸いです。