黒胡麻担々麺【2014.08.12更新】

黒胡麻担々麺【2014.08.12更新】

黒胡麻担々麺

【材料2人前】

中華麺…2袋

しいたけ…1枚

ねぎ…5cm

しょうが…親指大

ザーサイ(みじん切り)…大さじ2

豚挽き肉…150g

黒練りゴマ…大さじ2

だし汁…400㏄

酒…大さじ2

醤油…大さじ1

唐辛子…2 本

塩…小さじ1

白ねぎ(白髪ねぎ用)…適宜

【作り方】

1・ねぎ、しょうが、しいたけ、ザーサイはみじん切りにする。
唐辛子は種を取り、輪切りにしておく。

2・フライパンに油を入れ、1を炒める。香りが出たら、
豚挽き肉、塩を入れて炒める。

3・2に酒、だし、黒練りゴマを入れて5 分程煮る。

4・その間に中華麺をゆでる。3のスープの味を見ながら
醤油で味をととのえる。

5・器にゆで上がった麺を入れ、3のスープを注ぐ。
お好みで白髪ねぎを添えて。

炊飯器ひとつで一度に3品★ 菜めし&バンバンジー&ポテトサラダ【2014.07.26更新】

節電レシピ
【準備】

1・炊飯器でお米を炊く際に、ご飯の上に、
お酒にくぐらせた鶏の胸肉、よく洗った皮付きの
じゃがいも、皮をむいた人参をのせて
スイッチを入れます。

(胸肉半身なら早炊きで充分火が通ります)

2・炊きあがるまでの間にそれぞれの料理に使う
野菜をカットし、炊飯後、各料理の調味をします。

※炊きあがりにたちのぼるお酒の匂いは
時間がたてば落ち着きます。

【菜めしの材料】

大根の葉・・・適量、 塩・・・適量

【作り方】

1・大根の葉をみじん切りにして塩でもみ、
水気をよく絞ってから炊きあがったご飯にまぜるだけ。

【バンバンジーの材料】

鶏の胸肉、白髪ネギ、トマト、きゅうり・・・各適量

A・練りごま・・・大さじ2
  しょうゆ・・・大さじ1
  酢・・・大さじ1
  砂糖・・・大さじ半分
  しょうが・にんにく・・・各1/2かけ
  (すりおろす)
  ごま油・・・大さじ半分
  ラー油・・・適量

【作り方】

1・Aを合わせておいてください。
2・鶏肉は手でさき、ネギ・きゅうりは千切り。
  トマトはスライスして盛りつけます。

※鶏の胸肉は半身で2~3人前になります。

【ポテトサラダの材料】

じゃがいも・・・小2個、人参・・・1/4本、
きゅうり・・・適量、
マヨネーズ・・・適量、塩・こしょう・・・少々

【作り方】

1・柔らかくなったじゃがいもは皮をむきつぶし、
火の通った人参は食べやすい大きさに切ります。
2・きゅうりは塩もみしてスライスし、水気を切っておきます。
3・マヨネーズと、塩・こしょうで味をととのえたら出来上がり。

【大友フタッフからひとこと】

さらし玉ねぎ、コーンなどお好みの具を加えたり、
マスタードを入れても美味しいです。
(砂糖などの甘みを隠し味程度加えるとコクがでます)

白身魚と夏野菜のさっぱり漬け【2014.07.17更新】

【材料2人分】

白身魚の切り身・・・2切れ
なす・・・2本
トマト・・・1個
玉ねぎ・・・半分

A・魚の下味用
しょうゆ・酒・・・各大さじ半
だし汁・・・100㏄
しょうゆ・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
酢・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1
赤唐辛子・・・1本、揚げ油・小麦粉・・・適量

【作り方】

1・白身魚は一口大に切り、下味をつけて10分程おく。

2・赤唐辛子はヘタと種を取って半分に切り、
Aを混ぜ合わせた漬け汁に入れる。     

3・フライパンに揚げ油を入れて熱し、一口大に切ったなすを揚げる。
なすが揚がったら油を少し足して中温に熱し、
白身魚に小麦粉をまぶして2~3分揚げ、
なすと共にバットに入れておく。

4・2の漬け汁を鍋に入れて火にかけ、煮立ったら3のバットに
まわしかける。粗熱がとれたらくし切りにしたトマト、
薄切りにした玉ねぎを入れてさっと混ぜ、30分程おいて
味をなじませて出来上がり。(あればカイワレなどをあしらう)

【大友フタッフからひとこと】

冷蔵庫に入れて一日置いても美味しいですよ!

かぼちゃの和風冷製スープ【2014.07.11更新】

かぼちゃの和風冷製スープ
かぼちゃの和風冷製スープ

【材料 2人前】

だし汁・・・400~500cc
かぼちゃ・・・約200g
玉ねぎ・じゃがいも・・・各1/2個
砂糖・塩・・・各少々
しょうゆ・・小さじ1

★お好みで牛乳や豆乳をいれてもまろやかになり美味しいです。

【作り方】

1・かぼちゃは一口大に切り、ラップをかけ電子レンジに約4分かける。
竹串がスッと通ったら皮をむく。

2・かぼちゃ・玉ねぎ・じゃがいもは薄切りにしてだし汁の中に入れ、
アクを取りながら柔らかくなるまで火にかける。

3・トロリと柔らかくなったら砂糖・塩・しょうゆで味をととのえ、ミキサーにかけ
冷やしたら出来上がり。

【大友スタッフのつぶやき】
ミキサーにかけた後に濾していただくと、よりなめらかになりますよ♪

豚バラ肉のみぞれ南蛮【2014.07.03更新】

豚肉おろし南蛮
 ~お肉も大根おろしでさっぱりと~

【材料 2人分】

豚バラ肉・・200g
玉ねぎ・・1/2個
トマト・・小1個
大根・・約5~6㎝

A調味料
だし汁・・大さじ5
酢・・大さじ2
砂糖・・大さじ1 と1/2
しょうゆ・・大さじ2

片栗粉・・適量
サラダ油・・適量
大葉・・・3~4枚

【作り方】

1・豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶす。
玉ねぎは薄くスライスして、トマトは一口サイズに切る。

2・Aの調味料と1の玉ねぎを合わせて、
電子レンジに約3~4分かけてよく混ぜる。

3・豚バラ肉を焼き、焼けたらどんどん2のたれに入れて、
冷蔵庫で2時間以上漬けて味をなじませる。

4・お肉に味がなじんだら、大根をおろしてかために絞ったものと、
トマトを加えてざっくりと混ぜる。

5・千切りにした大葉をトッピングして、出来上がり。

【大友スタッフのつぶやき】

耐熱容器に水とだしパックを入れて電子レンジでチンすれば、
鍋を洗わなくて済みますよ。

ネバネバそうめん【2014.06.24更新】

ねばねばそうめん
【材料 2人分】

そうめん・・・200g
だし汁・・・300㏄
砂糖・・・小さじ1
しょうゆ・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
きゅうり・・1本
なす・・1本
薬味ねぎ・・約5cm
オクラ・・・5本
しょうゆ・・少々
★お好みで卵やキムチ、納豆、めかぶなど

【作り方】

1・だし汁・砂糖・しょうゆ・みりんを合わせ、
ひと煮立ちさせてつゆを作り、冷やしておく。

2・ きゅうり、なす、ねぎ、オクラを粗みじん切りにして、
オクラ以外は水にさらす。(水は何度か入れ替える)

3・水を切った2とオクラをボウルで混ぜ合わせ、
しょうゆを少々加える。

4・そうめんを茹で、冷水でしめたらお皿に盛り、
3とお好みで卵などをのせ、1のつゆを上からかけて出来上がり。

お好みで色々な物を混ぜてもOKです!

トマトとほたてのリゾット【2014.06.18更新】

【材料(2人前)】
ごはん・・・2杯分
ベーコン・・・2~3枚
玉ねぎ・・・1/4個
人参・・・1/4個
ほたて缶・・・1缶
水・・・200cc
トマ・ピュレ・・・100cc
オリーブオイル・・・大さじ2
塩コショウ・・・適量
パルメザンチーズ・・・適量

【作り方】
1・ベーコンは細切り、玉ねぎ・人参はみじん切りにしておく。
2・鍋にオリーブオイルを入れて①の具材をよく炒めて塩・こしょうをし、水とトマ・ピュレを加えて混ぜたら、ほたてを入れる。
3・ごはんを加える。ここで粘り気が出ないようにさらっと混ぜたら皿に盛り付け、パルメザンチーズを振りかけ、あればパセリを散らして出来上がり。

期間限定トマピュレはコチラをクリック

ピザトースト【2014.06.18更新】

【材料(2人前)】
食パン・・・2枚
ハム・・・2枚
ピーマン・・・3㎝程度
コーン・・・適量
トマ・ピュレ・・・適量
ピザ用チーズ・・・適量
【作り方】
食パンにトマ・ピュレを塗り、ハム、輪切りにしたピーマン、コーンを乗せ、最後にピザ用チーズをのせてトースターで数分焼いたら出来上がり。

期間限定トマピュレはコチラをクリック

焼きおこわにぎりのだし茶漬けレシピ【2014.05.25更新】

焼きおにぎりのだし茶漬け

焼きおこわにぎりのだし茶漬け

【材料(2人前)】

おこわ・・・・・お茶碗2杯分
だし汁・・・・・適量
塩・・・・・・・・少々
しょうゆ・・・・少々

※お好みで、わさびや刻み葱や海苔

【作り方】

1・おこわが炊けたら、おにぎり状にし、表面に軽く焼き目がつく程度に焼き、焼きおにぎりにする。

2・だし汁を作り、塩としょうゆで味を整える。

3・1の焼きおにぎりを1個ずつお碗に入れたら熱々のだし汁を上からかける。お好みで上に刻んだねぎや海苔を散らしたり、わさびを添えてお召し上がりください。

大友のおこわはコチラをクリック

ミニトマトとアスパラのおひたし【2014.08.02更新】


だし屋大友の「白だし」活用レシピを紹介

ミニトマトとアスパラのおひたし

【材料 2人分】

ミニトマト 10~15本
アスパラ  2本
白だし  大さじ2
水    大さじ4

1・アスパラは袴を取って4㎝ぐらいに切る。
ミニトマトはヘタを取り、おしりの方に切り込みを入れておく。

2・白だしと水を合わせ混ぜておく。

3・鍋に湯を沸騰させて、アスパラとミニトマトに
火を通したら水にとって、ミニトマトの皮を剥き2に浸す。
冷めたら冷蔵庫で2時間程冷やす。

チャレンジしてみてください!